スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙 ロイ編

お久しぶりです。
身代わり伯爵の二次、「手紙 ロイ編」です!

二次書くのをやめたんじゃないですよ?
むしろこれからも書きます!

ただ、生活が変化して二次を今までのペースで書けなくなってしまったんです・・。

とりあえず、ロイを書きたかったので(無理矢理)終わらせました。

よろしければ、追記の方からどうぞ。

「ミレーユ様。お手紙が届いております」
アンジェリカが差し出した手紙の差出人を見て、ミレーユは喜んだ。
「ママからだわ!」
2人がサンジェルベに帰ったということは聞いていた。けれど、人から聞いいた知らせと、本人からの知らせなら、本人からの手紙の方がうれしい。それに、ミレーユはアルテマリスを出るとき以来、2人に会っていない。
うきうきしながらミレーユが封をあけると、さらに3通の封筒が入っていた。それぞれ差出人が書かれてある。
「・・・ロイから?」
中にはジュリア、ダニエル、ロイからの手紙が入っていたのだ。
そういえば、ロイとはパン屋を継ぐために勝負して以来だ。しかも、あのときは自分のパンが不味かったのだと知ったショックで、まともに話をしていなかった気がする。

「ミレーユへ
元気か?まぁ、お前が元気じゃなかったら天変地異みたいなもんだから、大丈夫だろ。
ところで、俺がわざわざお前に手紙を書いたのは、文句を言いたいからだ!お前は、なんで文句を言われるのかと不思議に思うかもしれない。でも、言わせろ。そうしないと俺はこの感情をどこにぶつけていいのかわからないじゃないか!

まず、無茶なことはするな!お前が向こう見ずな行動をしたせいで、俺がどれだけ大変だったか・・・。想像できるか!?
俺にはあの後、地獄のような日が待っていたんだ・・・。」




****




「さてっと。あんたに教えなきゃいけないことは、これで全部よ。長居するつもりも無いし、シェリーにもあんたの様子見てもらうように頼んだけど、基本的に自分でするのよ?」
「・・・・。」
「返事は!?」
「ハイ!」
ジュリアの大声で、椅子の上で船を漕ぎ始めたロイは強制的に返事をさせられた。この数週間の間に、店に必要なことを全て教え込まれたせいで、ロイの体はいつでも眠れるよう、臨戦態勢だ。
「まぁ、あんたも疲れてるだろうし、明日は休みにして明後日から頑張りなさい。」
「・・はい。」
疲れたロイの肩に、ダニエルが手を乗せて労わる。
「それじゃぁ、頼んだよ。ロイ」
「気をつけて行ってらっしゃい。」
ここ数日の怒涛のような修行を受けたロイにとっては、ダニエルの穏やかな雰囲気が心に染みるようだ。
二人の後ろ姿を眺めながら、これから眠れる幸せに喜んでいたロイだったが、本当につらくなるのはこれからだった。



「・・・・なにが、「長居するつもりじゃないから」だよ!!もう何週間帰ってないと思ってんだよ!?いいのか?このままこの店俺がのっとっちゃっても!」
文句を言いながらも、きちんと手は動かす。
体に染み着いてしまった習慣が、今は少しだけ憎かった。


短期間ですべてを詰め込まれた、悪夢のような修行の日々を思い出しながら、文句を並べる。
たとえ悪夢のようでも、人が確実にいた。
そもそも最初の計画では、ダニエルに指導を受けながら店を手伝い、ジュリアもミレーユも今までのように此処にいたはずだ。
自分が思い描いていた未来予想図と違いすぎる。
淋しい。
淋しすぎる。
オールセン宅はミレーユとフレッドが生まれたために、母屋が少し大きくなっている。
それなのに1人。
工房の大きさは変わらないのに、どの部屋にも人がいないと確認してしまうと急にこの空間さえも広すぎるように感じる。

生地をこねる手を止めて、工房を見渡すと本当に広いような気がしてきた。そう思うと自然に溜息が出てくる。溜息がいつもより大きく聞こえる。

一人でいると否応なしにミレーユのことを考えてしまう。ジュリアが言っていた「予約済み」という言葉とフレッドと一緒にいた背の高い青年。ミレーユへの接し方を見て、2つの要因は簡単に結びついてしまった。そして、何度考えてもそれは覆されないし、むしろ考える度に確信になっている。
何度考えても仕方のない事を飽きもせずに考えてしまう。
もう一度大きな溜息をついて、作業を再開する。

どうせ考えたって本人がいないから、「限りなく真実に近い推測」でしかないのだ。それなら、今目の前にあることをしなければ。頭を切り替えて作業に再開する。
思考に没頭するよりも、作業に没頭していた方が、考えがクリアになる。
目の前に一本の道が現れるように。




****




・・・本当に大変だったんだ!でも、俺はやったぞ。やってやった。俺の作ったパンも好評だったし、この期間は本当にしんどかったけど俺自身の自信になった。
だから、お前は安心していいぞ。俺がちゃんとオールセンの味も伝統も受け継いで、発展させてやるから、お前はお前のやることをやれよ。ジュリアさんからは、フレッドの養子先にお前も引き取られたって聞いた。お前みたいなお転婆じゃあ大変だろうけど、お前も頑張れ。俺がいる限りオールセンに心配はいらないから、パン屋になるっていう逃げ道はないと思えよ?
俺もライバルのお前に負けないように頑張るからな!

ロイより」


「ミレーユ。何を読んでいるんですか?」
「きゃぁ!」
手紙を読むことに没頭していて、リヒャルトが部屋に入ってきたことに全く気づかなかった。もしかしたら、わざとなのかもしれない。
「びっくりするじゃない!」
「すみません。あんまり熱心に読んでいるので、気になってしまって。何を読んでいたんですか?」
「ロイからの手紙よ。ママたちからの手紙と一緒に送ってくれたの」
自分にパン作りが出来なくても、ロイは自分をライバルとして見ている。そのことが少し嬉しくて、頬がゆるむ。
しかしリヒャルトは、ミレーユの嬉しそうな顔を素直に見られない。自分以外の男からの手紙で喜んでいて、心穏やかになれそうになかった。
「彼はなんて書いてあったんですか?」
「うん。実はね・・」
「やっぱり聞きたくないですね。他の男からの手紙でミレーユが喜んでいるところなんて。嫉妬してしまいますね。」
「嫉妬?リヒャルトが、ロイに?・・想像できないわ!」
驚いて手紙からリヒャルトに視線を移したミレーユを見て、少し満足する。子供じみたやり方だが、これで彼女の気を自分に取り戻せた。
「そうですか?俺はいつも嫉妬していますよ?・・・・なので、これ以上彼の話を続けると、その口を塞いでしまいますよ・・・?」
「だ、だから、そういうことを言わないでって言ってるじゃない!!」
顔を真っ赤にしたミレーユは、手紙を持ったまま出て行ってしまう。子供っぽい独占欲を出してしまったことを後悔する。
ミレーユを追いかけに行く前に、釘を刺しておかなければならない。
「・・・・。アン、日記にするのはやめてくれないか。」







スポンサーサイト

comments

嫉妬リヒにメロメロでした!

こんばんは。
コメントが遅くなってしまいました!
手紙シリーズの新作「ロイ編」を拝読させて頂きました。

ロイが懐かしくて、読んでいて楽しかったです!
ジュリアとダニエルが留守の間、ロイは一人で店を守っていたんですよね。(しみじみ)
戻ったジュリア達から、ミレーユがシアランにいると聞いて寝耳に水だったと思いま
す(笑)。そして、ミレーユが結婚すると聞いて、ロイが灰になる姿が目に浮かびます。哀れ、ロイ(泣)。
ロイの手紙で「パン屋になるっていう逃げ道はないと思えよ?」が好きです。ミレーユを好きになるだけあって、ロイはイイヤツだと思います。
最後のリヒャルトの嫉妬にニヤニヤさせて頂きました(笑)!
ロイとシェリーさんの会話も楽しかったです!
今作のほのぼの話を読んで、新刊発売が益々楽しみになりました!
新生活が始まり色々お忙しいと思いますが、無理をしないで頑張って下さい。
これからも創作を楽しみにしています!

Re: 嫉妬リヒにメロメロでした!

sakuraさま

コメントありがとうございます。

> 戻ったジュリア達から、ミレーユがシアランにいると聞いて寝耳に水だったと思いま
> す(笑)。そして、ミレーユが結婚すると聞いて、ロイが灰になる姿が目に浮かびます。哀れ、ロイ(泣)。

想像して、笑ってしまいました。ミレーユとリヒャルトが結婚報告しに来た時、どうなるんでしょうね…。
それまでには、失恋に克服していてほしいです。

> ロイとシェリーさんの会話も楽しかったです!

あっちも読んでいただいて嬉しいです!
個人的に男性陣は女性陣に虐げられているのが、ものすごくツボです。
ロイの留守番中もシェリーさんに虐げられていたらいいな・・・。

> 新刊発売が益々楽しみになりました!

本当に新刊が楽しみです!今から妄想が止まりません・・。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

あかつき

Author:あかつき
地域 :兵庫県
血液型:B型

☆好きな漫画☆
『フラワーオブライフ』
『ハチミツとクローバー』
『ベルサイユのバラ』
『君と僕。』
『風光る』『海街diary』
『あさきゆめみし』
『天才ファミリーカンパニー』
など

☆好きなラノベ&小説☆
『身代わり伯爵』
『彩雲国物語』
『伯爵と妖精』
『死神姫の再婚』『十二国記』
『銀河英雄伝説』
『嗤う伊右衛門』『魍魎の匣』
など

☆好きなアニメ☆
『マクロスシリーズ』
『夏目友人帳』『とらドラ』
『銀魂』『ヘタリア』
など

主に『身代わり伯爵』シリーズの二次創作を置いています。
よろしければ、どうぞゆっくりしていってくださいね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
My Favorite
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
バナー置き場
banner banner banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。